遺品整理業者に依頼する時の注意点は? 不用品回収業者とは違う?

未分類

解体工事前に遺品整理を業者に依頼するのが一般的ですが、この業者を選ぶ際には、解体工事業者を選ぶのと同じように注意点が必要です。

本記事では、遺品整理業者に依頼する時の注意点についてまとめていきます。

遺品整理業者に依頼する時の注意点

安すぎる見積もりを出してくる業者

遺品整理の業者を選ぶ際、解体工事業者と同じく安く見積もりを出してくる業者が存在します。

もし、依頼した業者がそういった業者だった場合は注意が必要です。

なぜなら、そういった業者はどこかで作業効率を上げることを優先する可能性があったり、逆に後で余分に請求をかけてくる場合が多いです。

例えば、「保管してほしい」と伝えたものを「見つかりませんでした」と報告するつもりでいたり、不用品を適切な処理をせずに不法投棄して誤魔化したりする手法が良く使われます。 不法投棄に関しては完全に違法行為に該当します。

不用品回収業者には依頼しない

遺品整理業者と不用品回収業者の住み分けがうまくされていないため、インターネットで調べたりするとどちらの業者もヒットすることが多いです。

遺品整理業者と思っていたら、サービスを利用してみて実は不用品回収業者だったということも決して少なくありません。

遺品整理業者と不用品回収業者の違い

では、遺品整理業者と不用品回収業者は何が違うのでしょうか?

遺品回収業者が物品の内容を細かく確認するのに対し、不用品回収業者は不用品の回収だけに終わります。

そのため、遺品回収業者であれば物品を吟味してくれるところを、誤って不用品回収業者に任せてしまうと、保管すべきものを回収されてしまう可能性があります。

不用品回収業者の方が吟味する作業がないため、遺品回収業者よりも安くなるために依頼してしまうということが多いです。 なんだか他の業者よりも安い気がすると感じたら、不用品回収業者でないか調べるようにしましょう。

まとめ

遺品回収業者を選ぶ際、安さに飛びついて調べることを怠ってしまうと、対応の悪さや効率化を求めた業者に当たってしまったり、不用品回収業者と間違ってしまい、大切なものを回収されてしまうといったことが起こる可能性があります。 不法投棄に該当するような業者を選んでしまうと、場合によっては依頼人自身も責任を負うことにもなるため、安さを優先しすぎず、よく調べた上で遺品整理を業者に依頼するようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました