【解体工事の遺品整理】費用の相場は? 状況によって費用は努力次第で変わる?

未分類

解体工事の際に、人によっては遺品整理という作業が必要で、その分コストがかかってきます。

でも相場がどのくらいするのかイメージが湧かない人も多いのではないでしょうか?

実際のところ、遺品整理の費用は努力次第で変わってきます。

本記事では、解体工事の遺品整理にかかる費用の相場や費用が変動する要因、費用を抑えるコツについてまとめていきます。

遺品整理の費用相場は?

一概には言いにくい部分があるため、部屋の広さだけ見た費用の相場をまとめます。

部屋の広さ相場
1R・1K5万円~8万円
1DK・1LDK9万円~15万円
2LDK15万円~
3LDK20万円~
4LDK25万円~

基本的にはこれを基準として、さらにプラスして費用がかかってくるというイメージです。

では、その費用が変動する要因についてみていきましょう。

遺品整理の費用が変動する要因

家屋の中に残る物の多さ

家の中にある物の数が多ければ、それだけ分別作業に時間がかかってしまいます。 廃棄物が多くなればコストがかかってくるため、当然家の中の物が多ければそれだけ廃棄物も増え、費用も増えていきます。

運び出す物の多さ

少し家屋の中に残る物の多さにも近いですが、廃棄物だけに限らず、運搬する物自体が多ければ、それだけ作業員の人数や使用するトラックの台数なども変わってくるため、費用が増える要因となってきます。

作業環境

つい抜けがちですが、作業環境によっても費用は変わってきます。

例えば、それなりの大きな規模のマンションやアパートとなると、階数やエレベーターの有無、運搬用の車両が近くに停められるかどうかによって作業量が変わってくるため、費用が変動する要因になってきます。

解体工事の遺品整理、費用を抑えるコツは?

基本的には、不必要な物と感じたら日頃から処理していく癖をつけておくことが大切です。

その分物が減れば業者の作業量も減るため、見積もり段階で提示される費用も安くなるでしょう。 ただし、安ければいいというわけでもなく、見積もり段階では安くして後で追加費用を請求してきたり、不法投棄前提で安く見積もり額が出ているような悪徳業者もあるため、見積もり額があまりにも安いと感じたらトラブルになる前に、インターネットで業者の評判を確認するようにしましょう。

まとめ

解体工事の遺品整理にかかる費用は、家の物や運び出す物の多さだけでなく、作業環境によっても変わってきます。

作業環境はどうしようもありませんが、日ごろから物を整理する癖をつけてコストを最低限抑える努力をすることが大切です。

安くするのが大事な一方で、業者の見積もり額があまりにも低いとトラブルのリスクが考えられるため、基本的に怪しい目を持って慎重に対応していくようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました