遺品整理費用を抑えるために必要なことは? 安すぎにも注意!

未分類

遺品整理を業者に依頼する際、安すぎにも注意が必要ですが、それでもなるべく費用を抑えたいですよね?

本記事では、遺品整理を依頼する際に安すぎにも注意する理由を振り返りつつ、なるべく費用を抑えるために必要なことについてまとめていきます。

【解体工事の遺品整理】安すぎに注意する理由は?

遺品整理を依頼した際に、費用を抑えることを考える前に、見積もり額が安いと注意が必要な理由を振り返ってみましょう。

もし遺品整理を依頼した時に見積もり額が安いと、後で追加費用を請求したり、効率化のために不法投棄を行うつもりでいる業者の可能性があります。

不法投棄が発覚すると、依頼人にも責任が及ぶ可能性があるため、見積もりの段階であまりにも安いと感じたら、早急に業者の評判を調べて、トラブルにならないうちに業者を変えるなどの対応をするようにしましょう。

解体工事の遺品整理費用を抑えるために必要なことは?

買取金額アップを狙う

基本的に、遺品整理業者が不要となった物は買い取り・引き取り先に送る形となりますが、これには運搬分の費用がかかり、かつ1つの店舗にまとめて買い取り・引き取りすることになります。

しかし、自分で不用品を店舗に持ち込んだり、ネットオークションやフリマアプリを利用して売ることで、余計な費用をかけず、なるべくその物の値が高くなりやすい形で処理することができます。

見積もり無料の業者を選ぶ

最近では見積もり無料の業者も増えてきました。

しかし、安易にこれに飛びつくと悪質な業者からの被害を受ける可能性もあります。

例えば、見積もり無料と掲げていたにも関わらず、小さな文字で実際に依頼した場合のみ無料と記載していたり、そもそも記載もしていないこともあります。

見積もり無料だからと飛びつく前に、直接業者に無条件で見積もり無料かどうかを聞いた方が確実です。

なるべく近場の業者を選ぶ

もし近場の業者より遠方の業者の方がいいとなっても、なるべく近場の業者を選ぶ方がいいでしょう。

遠方の業者を選ぶと交通費やガソリン代、高速代などがかかってくるため、余分に費用がかかります。

もし調べた上で近場に安全な業者がない場合は仕方ないですが、そうでなければなるべく近場の業者にしておくのが無難です。

まとめ

遺品整理の費用をなるべく抑えるために、見積もり無料かつ近場の業者を選び、不要な物はなるべく自分で高値が付きやすいように処理していくことが好ましいです。

ただし、コストを抑えることに意識がいきすぎてしまうと、悪質な業者に引っかかってしまう可能性があるため、十分に注視して業者を選ぶようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました